三十路楽しいふたり暮らし

女性の働き方、生き方について考える新婚アラサーの日記です。

【老害】スポーツジムで全裸の高齢女性に説教された話。

タイトルに「老害」って書いたけど、私自身はこの言葉あまり好きじゃない。

年をとれば自分もそうなるのかもしれないし、脳の機能低下かもしれないと思うと、可哀想な気もする。

 

だけども先日あまりにも「ひどすぎる…」という事案が発生した。

 

通い始めたばかり、2回目のスポーツジムでの話。

 

いまどきの安いジムは、どこ行っても高齢者ばかりというけれど、うちの近所のジムも御多分にもれずで9割そんな感じ。

 

もちろん、見学前からそんなことは予想していたけれど、若くてバッキバキの男女が集まる意識高い系のジムよりはマシかと思って入会した。

 

わたしは泳ぐのが目的だったので、プールを中心に利用していた。

施設の利用方法はスタッフに一通り聞いたけど、細かい使いかたは教えてもらわなかったし、まぁ使っていくうちに分かるもんかなとそんなに気にしていなかった。

 

プールと(着替え用ロッカーのある)更衣室の間に浴場がある施設だった。

けど風呂に入りに来ているわけではなかったので、そこを素通りしていた。

シャワーブースはプールサイドにあるので、そこで洗い流して身体をタオルで拭いて、更衣室へ直行していた。

わたしのスポーツ水着は布面積の広いタイプで、キャップも布製だから、それなりにタオルで水を拭いてもどうしても水は滴り落ちる。

 

もちろんプールにはタオルを持っていくよう注意書きがあったからそうしていたし、更衣室にたどり着くまでの通路に多少滴り落ちるのは、施設の構造上、仕方がないのかな? と思っていた。

 

ところが先日、見ず知らずの高齢女性が、水着姿の私を見るなり大声で叫び出した。

「なんでそんな格好でこっち(更衣室)にくるんだよ!」

「水がダラダラ落ちてるじゃないか!」

「なんでそんなことも分からないんだよ!」

「お前のせいで清掃員のひとが迷惑してるんだ!」

「早くモップで拭け!」「早くしろ!」

……(エンドレス)

隣にいた取り巻きの高齢女性もそうだそうだといった感じで何かもごもごいっている。

 

あまりに突然の説教で気が動転したわたしは、「すみません」といいつつ、慌てて近くにあったクイックルワイパーの先に雑巾がついた掃除用具を持ってきて拭こうとした。

 

「それじゃね〜よ!あっちにちゃんとしたモップがあるんだろ!」

もちろん入会したてのわたしは、その「ちゃんとしたモップ」のありかも知らない。

高齢女性の怒りは収まる気配もなく、どんどんヒートアップする。

 

そして正しいとされるモップを持って拭き始めても、延々怒鳴りつけてくる。

「すみません、すみません」といいながら、どうしよう、どうしたら黙ってくれるのだろうと心の中でパニックになっていた。

 

ふと彼女の身体を見ると全裸だった。

多分風呂に入りに来ていたのだろう。

 

なんとなくわたしの視線を感じたのか、ちょっと苦い顔をしたあと「プールから出たら風呂に入れ!」「お前みたいなのがいるからみんなが迷惑しているんだ!」「会員なんだったらちゃんとしろ!」……(エンドレス)と罵りながらゆっくり立ち去った。

 

姿が見えなくなっても「犯人の2人のうちの1人がこれで判ったぞ!」「ああいうやつがいるから日本がダメになるんだ!」「誰かが注意しなくちゃいけないんだ!」……(エンドレス)と叫んでいた。

 

時間にすると10分ほどだろうか、あまりの突然の出来事にショックを受けたと同時にぐったりした。

 

確かに床が水で濡れるのは良くない。誰かが転んで怪我をするかもしれない。

けど、こっちとしては浴場の脱衣所で脱ぐのは風呂に入るひとだけなのかと思っていたし、更衣室で着替えるようスタッフからいわれていたから、そこだけが着替えのスペースなのかと思っていた。

 

ってゆーか、なんでこんな急に見知らぬひとに大声で怒鳴られなければならなかったんだろうか。

ふつうに「脱衣所で着替えた方がいいですよ」のひとことで終わるもんじゃないか?

と思った。とても胸糞悪い出来事。

 

もう二度とこのジムにはいかないし、速攻退会するつもりだけど、(10日締のため)入会2ヶ月分の費用は自分持ちなのかと思うと本当に腹が立つ。

 

相手のいい分を聞きもせず、一方的に悪人と決めつけ、見ず知らずの相手を突然怒鳴りつけるーー。

 

戦争を知らず、高度経済成長期に就職、バブル期に役付きだった60〜70代前半がもっとも暴走老人になりやすいとかどこかで目にしたけど、まじで勘弁してほしい。

しかもベビーブームのころだから人口も多くて、その世代に向けたサービスで現代は溢れているのだとか。今世が天国か。

 

ジムにとって一番の金づる世代なんだろうけど、こんなんだから若い利用者がいなくなる。

 

高齢者向けのサービスを拡充したって長く続かないんだからやめればいいのにと思う。

そもそも長生きがいいことみたいにいわれてるのすら疑問。

長生きもそれなりにリスクだし、いいことばかりじゃない。

 

早く死んで欲しいなんて思わないけど、金の使い道は未来にあるべきかと。

 

もちろん、高齢者全員がこんな老害じゃないことも分かっているし、レアケースに遭遇したんだと思っていますよ。

 

つーか、この一件でますます自分はなんでこんなことに遭遇するのか、なんでいつも自分ばかりが嫌な目に遭うのか、負の無限ループに入ってしまった。

いつも自分ばかりが他人に目をつけられ、説教されている気がする。

 

 

ーーー追記ーーー

 

後日、ジム側から謝られ、お見舞い金という形で1ヶ月分だけの支払いで退会することができました。ちなみに更衣室に水着のまま入るのは問題のない行為だったとのこと。