三十路楽しいふたり暮らし

女性の働き方、生き方について考える新婚アラサーの日記です。

カウンセリングってどうなの? 心療内科・精神科との違いは?

心療内科をまわっても納得できる治療に至らず、カウンセリングルームを紹介されたわたし。

その後どうなったかというと…ちゃんと通いました。

 

相談料(50分5,000円)は、会社の健康保険組合の保険事業で5回目までゼロ円。ラッキー。

 

カウンセリングは毎回こちらが話したいことを話すという感じで、友達には話せないけど誰かに話したい、みたいなひとにはいいかもしれません。

 

これぞ求めてたことや!

という感じにはならなかったけど、カウンセリングってこういうものなのねと分かってよかったです。

 

初回は現在の悩みに加え、生い立ちとか経歴とかを話すので1時間くらい。2回目以降は話したいことを話すだけなので50分。

結構あっという間でした。

 

場所はマンションの一室。

カウンセラーは身綺麗なおばちゃん。

優しくも厳しくもない感じ。

新しい気づきってほどのことはないけど、自分を客観視できるというか、改めて自分ってこうだよな、こうしたいんだよなってことを再確認できました。

 

心療内科や精神科は、話を聞いてもらう感じではなく、処方されるだけなので。

自分の生い立ち(親が暴力的だったとか子どもの頃いじめられていたとか)を聞いてもらいたいひとにはカウンセリングをすすめます。高いけどね。

 

ただアドバイスがほしい、何かを診断してほしいってひとには向かないかもしれません。結局、決めるのは自分なのです。

 

以上!

わたしはウツ病として薬を飲むことはできませんでした。